妊娠線は出来てからでは遅いので、早めにクリームを塗って予防しましょう

妊娠線クリームの正しい使い方

妊娠線クリームの正しい使い方

妊娠線予防には保湿ケアが大事

妊娠はとても嬉しい事ですよね。お腹に新しい命の誕生、そして女性にしか味わう事が出来ない妊婦生活を送る事が出来ます。妊娠初期は、悪阻や体調の変化で気分が優れない人も多いですが、安定期に入ると胎動も感じ始め妊婦生活を楽しむ女性も多いです。

そして、胎動を感じ始める妊娠中期になると、お腹の赤ちゃんは日に日に大きくなり、それと同時にお腹も大きくなってきます。実は、妊娠中期に差し掛かる頃になると、「妊娠線」と呼ばれる線がお腹周りや胸、また太ももなどにあらわれる場合があります。妊娠線は、お腹が大きくなって皮膚が引っ張られる事によって出来る線で、一度出来てしまった妊娠線は、産後簡単に消す事は出来ません。そこで、妊娠線を作らないように妊娠中に対策をする事がとても重要になります。

では、妊娠線の予防対策には何があるのでしょうか?実は、妊娠線予防には、保湿ケアがとっても大事になります。そこで大活躍するのが、保湿クリームです。ただ、保湿クリームを塗れば良い訳ではありません。正しい塗り方をする事でより効果を発揮する事が出来ます。是非正しい塗り方を参考にして下さいね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細

妊娠初期から保湿クリームを塗りましょう

妊娠線が出来やすい下腹部も忘れずに!

保湿クリームはいつから塗れば良いのでしょうか?実は、殆どの妊婦さんが、お腹が大きくなる妊娠中期の6ヶ月頃から保湿クリームをお腹周りなどに塗る人が多いですが、実はこれは大きな間違いです。大きなお腹に保湿クリームを塗っても効果は薄いです。お腹が大きくなっていない、出来れば妊娠初期から塗る方が妊娠線を防ぐ事が出来効果があります。

勿論、妊娠初期は気分などが優れず「クリームなんて塗ってられない!」って思う妊婦さんも多いですよね。そんな時は、旦那さんに頼んで塗ってもらっても良いと思います。早めに塗る事で妊娠線を予防する事が出来ますよ。

そして、大事なのは塗り方です。ケチって少量のクリームをお腹周りなどに塗っても効果はありません。妊娠線を作らない為にもここはたっぷりとクリームを使って下さいね。また、伸びも良いオイルタイプのクリームだと全身を綺麗に塗る事が出来ます。勿論、好き嫌いがあるのでオイルクリームが苦手な人は、オイルが入っていないクリームでも構いません。とにかく保湿ケアがとても大切です。

そして、朝晩万遍なくお腹周り、腕や太もも周り、そして見落としがちな下腹部などを塗りましょう。妊娠初期であればお腹がそれほど大きくなっていないので下腹部にもクリームを塗る事が出来ますが、妊娠中期以降はどんどんお腹が大きくなりおへその下が見えなくなります。見えない場所に実は妊娠線は出来やすいと言われているので下腹部も忘れずに塗るようにしましょう。

妊娠線は出来てからでは遅いです。クリームを塗って妊娠線を予防しましょう。また最近では、保湿ケアがあるクリームや超保湿クリームなどもあるので、妊娠関係なく冬場の乾燥する時には使いたいクリームの一つですよね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細