妊娠線は妊娠した時にでき、肉割れは太った時にできる

妊娠線と肉割れの違い

妊娠線と肉割れの違い

妊娠線は妊娠した時にでき、肉割れは太った時にできる

妊娠中期になるとどんどんお腹は大きくなってきます。そしてそれと同時に「妊娠線」があらわれます。「妊娠線が出来ないように予防していたのに!」と思っていても、出来てしまったら中々消す事が出来ないのが悩みですよね。そして、同じような症状で「肉割れ」という言葉も良く耳にすると思いますが、妊娠線は妊娠した時に出来る線で、肉割れは太った時に出来る線ですが、これらの違いってあるのでしょうか?また、どのような対策が有効なのでしょうか? ここでは原因や注意点、そして対策についてご紹介しています。

実は、これらはどちらも同じ症状です。皮膚が伸びる事によって細かい亀裂が入っている状態の事を言いますが、妊娠線は妊娠が原因で出来る線で女性にだけあらわれる線ですが、肉割れの場合は、男性女性関係なくあらわれる線です。 このように、両者とも急激な体重増加によって皮膚がそれに耐えきれずに切れたり、また亀裂が入ったりする事を言います。綺麗な肌に亀裂や線が入っていると悲しい気持ちになりますよね。では、そうならない為の対策についてご紹介したいと思います。是非参考にして下さいね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

miteteマタニティクリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

miteteマタニティクリーム公式 miteteマタニティクリーム詳細

保湿ケアと体重管理

バランスのとれた食事と適度な運動

一番は、皮膚を守る事が大切です。冬場は特に空気が乾燥してしまい、お肌の水分も蒸発してしまいます。冬場の乾燥した日に皮膚を見るとひび割れや粉がふいている事ってありませんか?そんな時に自然とクリームをつけますよね。実は、妊娠線も肉割れも同じように、肌に水分や保湿が十分にあれば防ぐ事が出来ます。保湿クリームを使って保湿ケアをすると良いでしょう。

また、体重管理を行いましょう。妊娠中は当たり前ですが体重が増えます。急激な体重増加は妊娠線を作る結果になってしまいます。栄養バランスを考え、また適度な運動をすると良いでしょう。運動は安定期に入ってからおこなうようにしましょうね。また、肉割れの場合も同じように、バランスのとれた食事、そして適度な運動をすると防ぐ事が出来ます。

このように、妊娠線や肉割れを防ぐには保湿ケアがしっかりとしている保湿クリームを使用する事、そして体重管理をしっかり行う事がとても大切です。また、最近では効果があると言われているクリームも多く販売されているので専用のクリームを使うと良いでしょう。勿論、中にはクリームを使う事によって肌トラブルに見舞われる人もいるかもしれません。クリームが肌に合わない場合は即、使用をやめるようにしましょうね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

miteteマタニティクリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

miteteマタニティクリーム公式 miteteマタニティクリーム詳細