保湿効果や香り、テクスチャーなどが異なります

クリームとオイルの違い

クリームとオイルの違い

自分に合う妊娠線ケア用品を選びましょう

妊娠はとても嬉しい事ですよね。そして、妊娠と共に考えなければいけないのが「妊娠線」です。妊娠線が出来てしまったその悲しみは女性にしか分かりません。

実は、妊娠生活の10ヶ月の間、しっかりとお腹周りなど妊娠線が出来ないように保湿ケアを行わないといけません。妊娠線は出来てしまってからケアをするのではなく、出来ないようにケアをするのがとても重要です。また、最近では、妊娠線ケアとして保湿ケアクリームや超保湿ケアオイル、そして保湿ケアローションなど色々なクリームやオイル、そしてローションが販売されています。色々な種類があるとどれを選んで良いのか分からないですよね。また、高価なものが良いのか、それともオイルとクリームを併用して使用したほうが良いのか迷う人も多いでしょう。そこで、今回は、クリームとオイル、そしてローションの違いについてご紹介したいと思います。自分の合う妊娠線ケア用品を選んで使用してみて下さいね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

miteteマタニティクリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

miteteマタニティクリーム公式 miteteマタニティクリーム詳細

妊娠線ケア用品のメリットとデメリット

早めの妊娠線ケアと体重管理が大切

クリームのメリットは何といっても一番メジャーで多くの妊娠線クリームが販売されています。その為、簡単に手に入れる事が出来、またお手頃な値段設定なのも魅力的ですよね。クリーム状なので塗りやすいのも特徴です。最近のクリームもオイルに近いものから、ローションに近いものまであり、自分の好みで選ぶ事が出来ます。ただ、種類が多いので自分に合うクリームを見つけるのがデメリットとしてあげられるでしょう。

次にオイルですが、オイルはとにかく保湿効果がとても凄く乾燥肌の人などにとてもお薦めですが、保湿効果が凄い分ベタつき感が気になるのがデメリットとしてあげられます。また、オイルの中には匂いが強いものも多く、妊娠初期の悪阻が酷い人にとっては使用するのが大変でしょう。

そして、ローションですがローションは水分が多いので保湿効果は期待出来ません。ですが、肌に塗りやすくそして浸透しやすい、また乾きも早いので付け心地はクリーム、オイルに比べて一番と言えます。

このようにクリーム、オイル、ローションそれぞれのメリット、デメリットがありますが、早めに妊娠線ケアをする事が大切です。また、高価な妊娠線ケア用品だからといって妊娠線が出来ない訳ではありません。妊娠線が出来ないように妊娠線ケア用品を使って予防をする、そして急激な体重増加をしないようにしっかりと体重管理をする事もとても大切です。

是非、自分にあった妊娠線ケア用品を探してみて下さいね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

miteteマタニティクリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

miteteマタニティクリーム公式 miteteマタニティクリーム詳細