妊娠線ケア用品を使って自宅で簡単に出来る妊娠線の予防法

マッサージ方法

なるべく早くケアを始めよう

お腹周りをしっかりケア

妊娠すると大きくなるお腹、中には妊娠線が出来てしまう妊婦さんもいます。実は、妊娠線は出来てしまってから産後にケアをしても一度出来てしまった妊娠線を消す事は簡単には出来ません。そこで、妊娠線が出来ないように妊娠中に妊娠線ケアをする事が大切です。最近では、様々な種類の妊娠線ケア用品が販売されており手軽にケアをする事が出来るようになりました。今回は、妊娠線ケア用品を使って自宅で簡単に出来る妊娠線予防、マッサージ方法についてご紹介したいと思います。また、完全に無くす事はできなくても産後に目立たなくさせる事はできます。是非参考にして下さい。

妊娠線が一番出来やすいのが大きくなるお腹周りです。急激な体重増加で皮膚が引っ張られる事によって妊娠線が出来やすいと言われています。特にお腹周りはしっかりとケアしたい箇所です。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細

マッサージには必ずクリームやオイルを使う

優しくマッサージしましょう

マッサージ方法は、とても簡単で、妊娠線ケアクリームやオイルを、手にとり、 馴染ませてからお腹まわりを塗っていきます。この時、おへそを中心に時計回りに円をかくように優しくマッサージするのが重要です。そして下腹部から上へと優しくなでるようにマッサージをし、今度はおへその中心から外側へなでるようにマッサージをします。最後は、お腹全体を小さい円をかくように数回クルクルマッサージをしましょう。

特に妊娠後期になるとお腹の張りも出てくるのでお腹に負荷がかからない程度に優しくマッサージするように心がけましょう。また、お腹をマッサージする時は、お腹にいる赤ちゃんに声をかけながらマッサージすると赤ちゃんとのスキンシップがとれるのが、声をかけてマッサージして下さいね。

お腹まわりに続いて実は胸にも妊娠線が出来やすいと言われています。妊娠中はお腹も大きくなりますが、胸も産後の母乳準備に備えて大きくなります。ですので、胸もしっかり妊娠線ケアを行いましょう。胸のマッサージですが、最初は胸から首にむかって胸を優しく持ち上げる感じでマッサージを行います。その後は、中心部から外側へマッサージを行い、最後は胸全体に小さな円をかくように優しくマッサージを行いましょう。胸のマッサージの場合は力を入れすぎてしまうと、子宮の収縮に繋がる場合も多いので優しく負担をかけないようにマッサージをして下さいね。

マッサージをする上で大切なのは、必ずクリームやオイルと使う事です。また、妊娠線が出来ないように、また出来てしまった線を消そうと、つい力を入れてしまう人がいますが、お腹の赤ちゃんへの負担が多くなってしまうので、力加減には気を付けましょう。また、お腹が張ったり胸が張ったりした場合はやめて時間をおいてから再度マッサージをおこなうようにしましょう。是非、マッサージをして妊娠線の予防をして下さいね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細