ひび割れてしまった真皮の再生を上手に促す事が大切です

出来てしまった妊娠線ケア

出来てしまった妊娠線ケア

妊娠線を消す効果がある「シラノール誘導体」配合のクリーム

既に出来てしまった妊娠線、妊娠線を見る度に悲しくなる女性も多いでしょう。出来る事なら消したいですよね。実は、一度出来てしまった妊娠線を消す事はとても難しいと言われています。しかし、出来てしまった妊娠線、上手に妊娠線クリームなどを使う事によって実は薄くする事は可能なんですよ。では、妊娠線クリームを使ってどのようにケアをすれば良いのでしょうか?

出来てしまった妊娠線、殆どの人が「出来てしまったから仕方ない」と思い、ケアを諦めてしまう人が多いですが、ここで諦めてしまえば更に妊娠線を増やす結果になります。ここで重要なのが、既に出来てしまった妊娠線がある場合は、保湿ケアがとても大切になります。妊娠線対策として、保湿ケアクリームやオイルを塗って常にお肌に潤いや保湿を与える事によって、皮膚のひび割れを防ぎ、 妊娠線を防ぐ事が出来ます。

通常の妊娠線ケアの方法として朝と夜、クリームやオイルを塗りますが、既に妊娠線がある場合は更に保湿ケアが必要になります。常にお肌が潤っている状態にしておく事がとても大切になります。勿論、妊娠線ケア用品の中には、ベタつき感が強いものも多いですが、その場合、クリームなどベタつき感が少ないものを使用したり、また外出しない場合であれば保湿効果が強いオイルを塗ると良いですよね。そして、妊娠線を消す効果として最も有効な成分「シラノール誘導体」が配合されているクリームを塗ると効果的ですよ。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細

真皮の再生は5年から6年かかる

マッサージ、保湿ケア、レーザー治療

また、妊娠線は真皮のダメージによって起こる皮膚のひび割れ状態です。この真皮の再生を上手に促す事が大切です。血行を良くする事、またマッサージなどがとても効果的ですが、実は皮膚と違って真皮は再生に5年から6年かかります。その為、長い年月をかけて再生を促していかなければ結果を得る事が出来ません。その為、途中で諦めてしまう人も多いですが、長い年月、出来てしまった妊娠線に対して、妊娠線ケア用品を使いマッサージをし、保湿ケアを行えば自然と薄くする事が出来ます。

最近では、レーザー治療などを用いて出来てしまった妊娠線を消す事が可能になっていますが、簡単に消す事が出来る分、費用がかさむのが難点と言えますよね。出来てしまった妊娠線、諦めずに長い年月をかけて薄くしていきましょう。そして、出来てしまう前に、妊娠線ケア用品を用いて、保湿ケアをする事がとても大事という事です。是非、諦めずに妊娠線対策を行っていきましょうね。

妊娠線関連商品

1位

ベルタ(BELTA)

美肌効果も期待できる!匂いに敏感になってしまう妊娠初期でも安心して使えるクリーム。

ベルタ(BELTA)公式 ベルタ(BELTA)詳細

2位

ママケアクリーム

妊娠時の肌メカニズムに着目して作られた、妊娠初期から徹底予防できる専用クリームです。

ママケアクリーム公式 ママケアクリーム詳細

3位

ストレッチマーククリーム

女性100人の声から生まれた日本人の肌に合わせて作られた純日本製の高品質な妊娠線ケア用クリーム。

ストレッチマーククリーム公式 ストレッチマーククリーム詳細