妊娠線予防には保湿が必要

妊娠線 人間の肌は確かに伸縮性に富んでいますが、急激に伸びるとどうしても肉割れを起こしやすくなります。
妊娠する時は6か月位から急にお腹が大きくなって行きますが、そのスピードに肌がついて行く事が出来ないと何本もお腹に線が入ってしまう事になります。
それが妊娠線です。
一度できた線は薄くなる事は有っても自然に消える事は無いので、出来る範囲で予防しておく事が重要です。
妊娠線予防と言う点から行くと、保湿が重要なポイントになります。
それによって肌を伸びやすい状態にする事が出来るからです。
保湿クリームをこまめに塗る事が重要となります。
ただ妊娠中と言うのは人によって大きく体質が変わってしまう事もあり、普段使って来たクリームでは肌に合わない、湿疹が出来てしまうと言う事もあります。
その場合はそれを使い続けて行くと痒みが酷くなったりする場合もあるので、肌に異変を感じた時にはすぐにそのクリームの使用をやめましょう。
現在では妊娠線予防の専用クリームも販売されているので、それを利用するのも良い方法です。
クリーム自体は1日に数回塗る様にしましょう。
乾燥が酷い人はこまめに薄く塗ります。
また乾燥を感じていない人も1日に1回は忘れずに塗る事が妊娠線予防としては重要です。